アンドレ・バザン著『映画とは何か』

「映画を〈考える〉言葉」、いや、そんな堅苦しいものではなく、もっと身体に馴染むような言葉、映画の素肌におそるおそる手を伸ばし、触れるか触れないかのところで揺らいでいる言葉を仮にこう呼ぶなら、「映画を〈観る〉言葉」ということになるのだろうが、ではいったい、そんな言葉はどこにあるのだろう? 「映画を〈知…