読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

饒舌映画ブログ

誰もが、映画をめぐってひたすら饒舌であったときの快楽を知っている。同時に、その果てに待ち受けている徒労の実感をも体験している。映画によって言葉を根こそぎ奪われた瞬間の無上の甘美さをたぶん、あなたは知っているだろう。そして、その沈黙にいつまでも耐え続けることの息苦しさをも知っているに違いない。欠語と饒舌のいずれを選ぼうとも、救われたためしなどかつてありはしなかったのだ。――『リュミエール』誌 《創刊の辞》より

マシュー・ハイネマン監督『カルテル・ランド』

『カルテル・ランド』(Cartel Land, 2015)マシュー・ハイネマン (武器保有権) 規律ある民兵団は、自由な国家の安全にとって必要であるから、国民が武器を保有し携行する権利は、 侵してはならない。 ――アメリカ合衆国憲法修正第2条 機能しない「法の支配…

是枝裕和監督『海よりもまだ深く』

『海よりもまだ深く』(After the Storm, 2016)是枝裕和 凍らせたカルピス、凍らせたカレー、乾麺、あるいは墨といった、「温めるなり、とかす(融かす/溶かす)なりしなければ使いようのないもの」が、日常生活の中で度々登場する。その演出意図はおそら…

ジャ・ジャンクー監督『山河ノスタルジア』

『山河ノスタルジア』(Mountains May Depart, 2015)ジャ・ジャンクー 決して傑出した内容ではないものの、だからと言って観る者を極端に苛立たせることもない、穏当と言えば穏当な作品をしかし、現代最高の映画作家のひとり、ジャ・ジャンクーが何らかの思…

レニー・アブラハムソン監督『ルーム』

『ルーム』(Room, 2015)レニー・アブラハムソン 冒頭、被写体との距離が近すぎるのだろう、まるでピントの合っていないショットが無造作に連ねられる。モノは確かにそこにあるのに、近すぎて逆に見えない。そう、それこそが、生まれてからの5年間、「部屋…

バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督『ズートピア』

『ズートピア』(Zootopia, 2016)バイロン・ハワード/リッチ・ムーア 仮にも先進国に生きる人々が、21世紀になっても(主に人種の違いに基づく)差別の問題でグズグズになっているとは夢にも思わなかった・・・・と、優等生的なため息をもっともらしくついてみ…

ヨルゴス・ランティモス監督『ロブスター』

『ロブスター』(The Lobster, 2015)ヨルゴス・ランティモス これは・・・・・かなり「喰らう」作品だ。『籠の中の乙女』で世間をざわつかせたヨルゴス・ランティモスの新作、この『ロブスター』なる映画で、人は「一人で生きること」を許されていない。あらすじ…

2015年の映画 年間ベスト・リスト

海外メディアによる映画の年間ベストは、音楽の年間ベストほど役には立たない。正確に言うなら、音楽の年間ベストほど「すぐには」役には立たない。 当たり前のことを当たり前に指摘しておくが、海外の映画であれば、そもそも日本の劇場に輸入されるまでのタ…

橋口亮輔監督『恋人たち』

『恋人たち』(2015) 橋口亮輔 誰しもが止まった時計を見つめながら、過去の思い出の中を生き、「ソフトに死んでいる」――。橋口亮輔監督、待望の長編『恋人たち』では、そのような3人の男女がカメラに収まっている。周知のように、それらの中心人物を演じ…

ペイトン・リード監督『アントマン』

『アントマン』(Ant-Man, 2015) ペイトン・リード ヒップスターはアウトローの代用だ。ヒップスターというのは、毒抜きした犯罪者であり、犯罪を犯さずに犯罪へと近づくものだ。 ――ジョン・リーランド著『ヒップ――アメリカにおけるかっこよさの系譜学』より…

ダミアン・ジフロン 監督『人生スイッチ』

『人生スイッチ』(Wild Tales, 2015)ダミアン・ジフロン われわれは普段、世の中の倫理や、常識や、正式に立法された公共のルールから、文書化などされていないローカルな約束のようなものまで、様々な「約束事」を建前として一応は信じ、無言の契約をみん…

園子温監督『リアル鬼ごっこ』

『リアル鬼ごっこ』(2015) 園子温 「ディスったら負け」みたいな映画がある。その線引きは、ライターや批評家の自意識の問題、ではなく、「作家が織り込み済みでやっていることを、作品の醜悪な点として指摘してしまうことの批評的無意味さ」で規定される…

リューベン・オストルンド監督『フレンチアルプスで起きたこと』

『フレンチアルプスで起きたこと』(Force Majeure, 2014)リューベン・オストルンド 山の斜面にたまっていた大量の雪や土砂などが、下層部のゆるみが原因となって、激しい勢いで次から次へと崩れ落ちること。――新明解国語辞典〔三省堂〕 真っ白なゲレンデを…

ジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(Mad Max: Fury Road, 2015) ジョージ・ミラー 6月27日に劇場で観て以来、改めてこの『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をソフトで再見して思ったのは、これはジョージ・ミラーにとっての「完全映画」なのではない…

是枝裕和監督『海街diary』

『海街diary』(Our Little Sister, 2015) 是枝裕和 ある男の「不在」を共有することで立ち上がる物語であるにも関わらず、是枝裕和の新作『海街diary』において、その男のかつての姿を写真で確かめようとする者は誰一人としていない(唯一、父の記憶をほと…

北野武監督『龍三と七人の子分たち』

『龍三と七人の子分たち』(2015) 北野武 それが何かの役に立てば「個性」と呼ばれ、何の役にも立たぬどころかやがて世間様に害を及ぼすようになれば「老害」と呼ばれるであろう、個に属する一定の傾向のようなもの。任侠映画の、北野映画の、あるいは超高…