読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

饒舌映画ブログ

誰もが、映画をめぐってひたすら饒舌であったときの快楽を知っている。同時に、その果てに待ち受けている徒労の実感をも体験している。映画によって言葉を根こそぎ奪われた瞬間の無上の甘美さをたぶん、あなたは知っているだろう。そして、その沈黙にいつまでも耐え続けることの息苦しさをも知っているに違いない。欠語と饒舌のいずれを選ぼうとも、救われたためしなどかつてありはしなかったのだ。――『リュミエール』誌 《創刊の辞》より

ジャ・ジャンクー監督『山河ノスタルジア』

『山河ノスタルジア』(Mountains May Depart, 2015)ジャ・ジャンクー 決して傑出した内容ではないものの、だからと言って観る者を極端に苛立たせることもない、穏当と言えば穏当な作品をしかし、現代最高の映画作家のひとり、ジャ・ジャンクーが何らかの思…

テン年代の映画 ベスト・リスト(2010-2014年)

ゼロ年代のベスト・リストが大変なご好評をいただいた。 では、一方で、テン年代はどうなのだろう。ゼロ年代に決定的に進行した状況の細分化や興味の拡散がきれいに収束した、などという話は聞いたことがない。われわれの日常生活や、あるいは身体性にまで深…

ゼロ年代の映画 ベスト・リスト

2000s アルフォンソ・キュアロン テレンス・マリック クエンティン・タランティーノ 宮崎駿 クリストファー・ノーラン コーエン兄弟 ポール・トーマス・アンダーソン スパイク・リー ミシェル・ゴンドリー アッバス・キアロスタミ スティーヴン・スピルバーグ アブデラティフ・ケシシュ デヴィッド・クローネンバーグ ポン・ジュノ アピチャッポン・ウィーラセタクン ガス・ヴァン・サント デヴィッド・リンチ マーティン・スコセッシ フェルナンド・メイレレス ダニー・ボイル ジョン・ファヴロー マイケル・ムーア ラース・フォン・トリアー クリスチャン・ムンギウ ナンニ・モレッティ ミヒャエル・ハネケ ラリー・チャールズ ウェス・アンダーソン ダルデンヌ兄弟 ソフィア・コッポラ クレール・ドニ キャメロン・クロウ ジャン=ピエール・ジュネ クリント・イーストウッド アン・リー ブライアン・デ・パルマ ペドロ・アルモドバル タル・ベーラ ジャファール・パナヒ ウォン・カーウァイ エドワード・ヤン ジャ・ジャンクー ダーレン・アロノフスキー 園子温 ラミン・バーラニ ミランダ・ジュライ ジェイソン・ライトマン パッティー・ジェンキンス キャスリン・ビグロー チャーリー・カウフマン LISTS & GUIDES

ゼロ年代。あらゆるジャンルで状況の細分化、興味の拡散が取り返しのつかないレベルで進行した(少なくとも、そのことに確認的に言及できるようになった)ディケイドである。今やわれわれは、SNSのタイムライン(=鏡)に向けて話しかけ、ただ虚しくすれ…