饒舌映画ブログ

誰もが、映画をめぐってひたすら饒舌であったときの快楽を知っている。同時に、その果てに待ち受けている徒労の実感をも体験している。映画によって言葉を根こそぎ奪われた瞬間の無上の甘美さをたぶん、あなたは知っているだろう。そして、その沈黙にいつまでも耐え続けることの息苦しさをも知っているに違いない。欠語と饒舌のいずれを選ぼうとも、救われたためしなどかつてありはしなかったのだ。――『リュミエール』誌 《創刊の辞》より

★★1/2

園子温監督『リアル鬼ごっこ』

『リアル鬼ごっこ』(2015) 園子温 「ディスったら負け」みたいな映画がある。その線引きは、ライターや批評家の自意識の問題、ではなく、「作家が織り込み済みでやっていることを、作品の醜悪な点として指摘してしまうことの批評的無意味さ」で規定される…